読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

ほのまんまな世界☆不思議はわたしの日常な件

不思議だ!奇跡だ!怖いな!日常よ!すごいな!変だよ!どう受け取ってどう楽しむのも自由な世界♡♡♡

浮かぶ言葉は、脳内のきままな独り言ではなかった件

娘と見えない世界

上の子が、ガーディアンをガーディアンと認識したときの話。

 

小さい頃から、習っていた習字。

その八段審査の日のこと。

普段の昇級審査は、いつも通っている教室で書いたものを提出するのだけど、この審査は、特別で、別会場で、当日に仕上げなくてはいけませんでした。

 

時間内に四枚ないしは、三枚かいてイイモノを提出してくださいとのこと。

 

どうしようかなぁ・・・。

何枚書こうかなぁ・・・。

悩んでいたそう。

 

すると「3枚」と、声が聞こえたそうです。

 

とりあえず、なやんでたこともあって、聞こえた声を信じることにしてゆっくり書いて一枚いいのを提出。試験が終わってから、上の子が、私に、さっき「声」が聞こえたよと話してきました。”あれってなによ?”と聞いてきたので、ちょっとみてみると、上の子ちゃんのガーディアンさんでした。ガーディアンさんらしいぞ!・・と伝えてあげると、「なんだ~~!あれがガーディアンさんの声をきく感覚かぁ」と一言。

 

どうも、これまでにも、夜になるとは、試験の時のような感じで声が聞こえていたけど、ずっと、脳内のきままなひとり言だとおもっていたそうです(笑)

 

(ま、実際に、きままな独り言の時もあるかと思いますが、そうじゃないパターンもあります。)

 

この経験まで、上の子ちゃん、”私だけ見えない感じない(家族の中で)”と、いってやさぐれていたのですが、いまは、そんなことがあったのが嘘みたいに、見えない存在がいる世界も、自分にとっての当たり前の世界になっているみたいです。

 

 それ以来、自分でも、どんどんやりとりができるようになってきた上の子ちゃんですが、私が把握するよりも前に、じぶんのガーディアンさんに関しては、出入りしているのを把握できるまでになったみたいです。

次元を飛んでるのか?パラレルのなのか?その2

見えない世界

タイムリープの話といえば、何年か前に、前の旦那さんが、面白いことをよく言ってました。

 

彼は、デジャブとかはよくある人だったのですが、その彼が、”あ!これみたことある”とか言うようなセリフ以外に、”お前が、こういって喧嘩になったから、俺はお前が言うはずのセリフを、先に言ってみたよ”・・・と言ったことがありました。

 

この、前の旦那さんは、”俺、見えない見えない”とか言いながら、私についてる霊体を見ていたり、前の記事にも書いたけど、いつかの私と遭遇していたり、ほかにもいろいろあるんだけど、不思議体験がとても多い人です。

 

↓遭遇した話はこちら。

 

honomanma.hatenadiary.jp

 

本人が、”俺はデジャブはあるけど、別になにも見えないよ~”とかいうのがなぜだよ?と思うくらいなのだけどね。

 

一緒にUFOなんかも目撃してたりするし。

 

とりあえず、タイムリープの話が、まだ主流じゃない頃に聞かされたのと、じぶん自身は不思議体験は多いとは言え、デジャブと、タイムリープの自覚がほぼないので、フムフムと聞いておりました。

 

 

タイムリープではないけど、白昼夢みたいな感じで、あるとき、海の中から顔を出してる感覚になって、やばいヤバイと思って戻った時はあります。

 

すっごく南国チックな日差しと、風の匂いと、波のゆらぎで、波の合間から顔をだしたあの感覚はすごくリアルでした。

 

もしかしたら、ああいったときも、次元とんでいたりするのかなぁ・・・。

 

 

ハンガリアンウォーター

心地よいこと

ハンガリアンウォーター作ったよ。

 

f:id:utyuufamily:20170214173933j:image

 

グラデーションがきれい♡

 

f:id:utyuufamily:20170214173956j:image

 

オレンジフラワーが嬉しい♡

 

 

f:id:utyuufamily:20170214174036j:image

 

フリフリしながら1ヶ月。

最終的に、濾して抽出して出来上がり。

 

 

若返りのお水だよ。

 

次元を飛んでるのか?パラレルなのか?その1

見えない世界

タイムリープという言葉もあまり珍しくなくなってきた昨今。

この話も書いても大丈夫かな??

 

私の周りにも、もう何年も前から、それと感じさせる言動をしている人や、似たようなそれらしい体験がちらほらある。

 

私もご他聞にもれず。

 

とはいうものの、自分には、そうしているあいだの記憶はない。

 

なんだけど、じゃんじゃん、ほかの人に、”いろんな私”を発見されている。

 

明らかに、三次元の肉体をまとっているタイプもあれば、見えない存在たちのようなエネルギー体の私もいるけど、どれもこれも、だいたいその時代の私なんだそう。

 

たとえば、真夏に、冬服の私がいた・・・とか、

 

昔使っていたカメラをもった私が、自分たち(上の娘と寝てる私)に向かってカメラを構えていた・・・とか(笑)

 

そんな些細な発見談なのですが。

 

夏に冬服の私がいたのは、前の旦那さんがその私の発見者。発見されたそのときよりもさらに数年前に気に入ってきていたセーターをきた私が玄関の外にいたそう。家から少し離れた通りの向こうからみたらしいのだけど、普通に私がそこに存在しているようにしていたらしい。

 

角を数箇所曲がって家の前についたときには、その私はすでにいなくて、家に入ってきて、その話を伝えてきて確認してきたけど、もちろん、私は、そんなことしていないしね。あらぁ~。飛んでるんかねぇ・・・って話をしていました。

 

 

上の子がまだ小学生だった頃に見た私は少しすけていたのかな?エネルギー体のようだったそうなんだけど、それでも色はちゃんとついていたようで、以前もっていたソニーの水色のデジカメを手に寝てる自分たちを撮ろうとしていたんだって。隣に、私が寝ていて、”二人のオママに囲まれていた”・・・とか言っていた(笑)

 

 

カメラの確認するなんて、上の子、冷静やね(笑)

 

でも、なぜ、カメラで、撮ろうとしていたんだろうね。

 

そのころの私自身も、そこらへんにいる浮遊しているみえない方たちがカメラをもって、いろんな人の家とか、いろいろなところの写真を撮っている姿は当時よく見ていて、その話をきいて、”え~~~~~!!私も撮ってるんかいっ(笑)”って思った覚えがあります。

 

このお話は、もうしばらく続きますよ。

 

 

 

娘と見えない世界

こないだ、上の子が、自転車さんが訴えてきた話をしてた。

 

自転車置き場で、倒れていた自分の自転車を直していたら、隣に倒れて多分ずっと放置されていたであろう自転車さんから凄い殺気がしてきたそうだ。

 

上の子曰く、

 

”俺もおこしてくれ~~~っ。”

(スゴゴゴゴゴ~~~~ッ←イメージ効果音。黒い殺気付き)

 

f:id:utyuufamily:20170213090421j:image

 

直してあげたら、そんなことなにかありました?っていうくらいにケロっと空気感が変わったそうです(笑)

 

 

いまでこそ、自分のガーディアンさんたちとかと会話してる上の子だけど、いっとき、”自分だけ何も見えない、感じない”っていっていたので、すっかり、この子は数年前に見え始めたと思っていたのだけど、この話を聞いて、上の子は、そういえば、もっともっと小さい時は、”おもちゃが喋った”とかいっていたなぁ・・・とか思い出しました。

 

小さい時は、怖い~~、おもちゃが喋ったぁ~~って泣いていた上の子。

すっかり、今では、対応が違います(笑)

進入禁止

見えない世界

我が家の廊下。

 

突然、見えない存在の通り道となりました(笑)

 

引っ越した当初からも、普通に、ある程度の方々の出入りはあったのですが、ある日、我が家の延長線上に工場ができて以来、風呂場から子供部屋につながる廊下にでるわでるわ(笑)おもしろいくらいにでるでる。

 

THE通り道。

 

本当にただの通り道なので、なにかアプローチされるわけでもなく、本当に、通っていくだけ(笑)

 

ただただ、通り過ぎていく、存在たち(笑)

こちらから見られてることに気づいていない子達もたくさんいそう(笑)

 

それにしても、そういった人たちは、どこにいても、ある程度はいるものなので、まぁ、いっかぁと、OKとしようと思ったのですが、その日以来、通るだけにしても、半端ない数が通っていかれるので、仕方なく、通り道塞ぐことにしまいした(笑)

 

申し訳ない。

 

せわしないのは困ります(笑)

 

子供たちにもじゃんじゃかじゃんじゃか見える始末(笑)

 

だけど、こどもたちも、”うんうん、通っていくだけだしね~~~”と、あっさりしていましたが(笑)

 

ちなみに、お風呂場から、子供部屋に向かっていくのですが、実際に彼らが子供部屋に入っていっているわけではないそうです。

 

子供部屋に向かっている途中で、どうも、ワープ空間のようなところがあるのか、存在たちは子供部屋の中に入ることはなく、いなくなるそう。←子供達談

 

そんなわけなのですが、それでも、個体数が多いと、やっぱり邪魔くさいので、ガーディアンさんのセブさんと一緒に空間に結界をがっつりはりました。

 

それと、”そこは通ることできませんよ~~”の進入禁止アピールのために、いい匂いの木を結界的シンボルとしてかざってみました(笑)

 

結界のシンボル的ということで仰々しい感じでおいてあるかとおもいきや、旦那さんが、聖木をネックレスにしてくれてあったので、可愛い壁の飾りみたいな感じになっています。

 

そういや、いい匂いの木、なんていったかなぁ。

パロサイト?パロサント??

とにかく、すっごくよい香りの木のかけらです。

  f:id:utyuufamily:20170212163701j:image

 

 

ごめんなさいよ。

ほかの道を探してね(笑)

 

 

 

かみさまのおつかい♡くくりさん ご褒美編

お使いいろいろ

 

honomanma.hatenadiary.jp

 

 

honomanma.hatenadiary.jp

 

上記の続き。

 

くくりさんのお使いで平泉寺に伺ったのですが、お使いだけだと、やっぱり味気なく、私たち的なご褒美も堪能したいところ。

 

ちゃんとよういされておりました♡

 

ご褒美と、あと、フラグ・・・。

 

まずはご褒美。

 

私には、平泉寺入口にあったお店の手作りプリンののったアイス。

旦那さんには、素敵なお庭が用意されていました。

 

旦那さん、庭師なので、庭見るのが好きです。

f:id:utyuufamily:20170208160312j:plain

 

社務所のお庭なのですが、古くからの由緒ある庭園だそうで、50円で見ることができます。

 

沙羅双樹かな?

ぽとりと花が落ちていて、まるで、お花畑のようでした。

 

そして、こちら~~。

じゃじゃ~~~ん。

 

f:id:utyuufamily:20170208155340j:plain

 

神秘的な池

ありました。

そこたら中にいろんな素敵な存在たちがいまくりでテンションあがりました。

 

そして、フラグ。

 

じつは、ひめ神社の山さん(白山奥宮遥拝所の山が3つつらなっているものの真ん中の山を私はそう呼んでいます。)に、”来年は白山山頂においで”と言われていたのですが、あんまり山登りも興味がなくて、正直、嫌だなぁとおもっていたりしたわけなんですが・・・。

 

平泉寺のお向かいの施設は白山に拝所ができたお話がイラストパネルになって延々と描かれていました。白山にはじめて拝登して、山々が、神々だとした修行僧さん、泰澄さんのお話です。

 

これは、興味を示さない私への、ダメ押しなのか?(笑)(笑)

でも、だからといって、登りたくなったか?といったら、正直?です。

 

とはいうものの、泰澄さんのおはなしは、わりとしっかり覚えてしまったようで、脳内にははいっております(笑)こまった・・・。