ほのまんまな世界☆不思議はわたしの日常な件

不思議だ!奇跡だ!怖いな!日常よ!すごいな!変だよ!どう受け取ってどう楽しむのも自由な世界♡♡♡

そばにいるよ

上の子が小学生のころ。

うぃくんという名前のガーディアンさんが彼女のそばに現れました。

 

このウィくんは、本当に上の子のことが大好き。

 

 

ある日のこと。

 

 

お昼寝中の上の子をガン見。

 

 

f:id:utyuufamily:20170225165750j:image

 

無表情。

沈黙。

じーっと見てる。

 

 

こらこら、ウィくんの膝が、上の子のボディにもっさりとのっかっていますぞ!!

 

 

 

 

またある日のこと。

 

 

 

 

 

f:id:utyuufamily:20170225165807j:image

 

添い寝。

 

 

こらこら。

ひとんちのむすめのそばに、何寄り添ってんだよ。

 

 

 

 

ウィくんは、あまり笑いません。

基本、無表情。

ボーっとしています。

たまに笑うととても可愛い。

なで肩で、手足がとっても長いです。

手足がとってもとっても長いので、もしかしたら、地球の転生じゃないのかもしれません。突き詰めていないからわからんけど。

 

f:id:utyuufamily:20170225165812j:image

 

 

 

 

とある転生のお話です。

 

 

 

 

f:id:utyuufamily:20170225165816j:image 

 

海辺での密会を楽しむ二人。

片方の男性はウィくん。

もうひとりは、いつかの上の子です。

 

 

そして、二人のあいだには、ガーディアンしていた私(笑)

 

 

二人寄り添ってしあわせげにすわっているんだけど、ごめんね、私が、がっつり、あなたたちのありだにはいっていたよ(笑)

 

 

私はこの二人のことが大好きでした。

 

 

このふたりは、近くの村に住んでいたようです。

村どうしで村人たちの行き来があったようで、そのときにしりあいになりました。

 

意気投合して、ともになることも願いましたが、村の事情で一緒になることができない運命だったようです。そのため、村のみんなの目を盗んで密会をくりかえしていました。誰の迷惑もかけないようにしていたのですが、二人であっていることすらダメだったようです。

 

このふたりは、最後は、かなり悲しい結末でした。

 

悲しい結末だったけども、このふたりには恨みとかはなく、ただただ、いまは上の子のそばにいることを楽しんでいるウィくんです。

 

 

さきほど、私が、彼ら二人のガーディアンのひとりをしていたよという話を書きましたが、この子達について歩いていた小さな小さな弟がいるのですが、それは、今現在の下の子だったりします^^

 

 

♡ガーディアンさんとは♡

私は見えない世界からサポートしてくれる存在を総称してそう呼んでいます。一般的には、守護霊とか、守護さんとか、ですかね。

 

万能酵母液 使ってみた&作ってみた

昨年の夏、ワクワクする感覚だけを頼りに堂園さんのセミナーを受けました。

 

f:id:utyuufamily:20170223101413j:plain

堂園さんのこともよく知らないし、万能酵母液が何かも知らなかったけど、たまたま知ったイベント案内のお知らせをみてなんだかワクワクしてしまい参加を決めました。万能酵母液とはそんな出会いでしたが、この液体、今では、我が家にはなくてはならなものになっています。

 

計量とかめんどくさい作業(すでに計量自体が目分量派の私には苦だったり)があるのにもかかわらず、半年もつづけているのは私にとっては、それはもうすごいことだったりします。もはや神の域です(笑)←大げさ。

 

出来上がる液体が嬉しいので、それすらも苦じゃないんですね。不思議や(笑)

 

で、この万能酵母液ですが、はじめて、セミナーで、この液体を見たときには、液体自体がキラキラしていて、すっごく惹かれるエネルギーをかもしだしていました。

 

はやくあのテーブルを回っているお試しスプレーが私のところにも来ないかなぁって待ち遠しくて、順番が来たらきたで、使うと、やっぱり付けたところがキラキラして、ホワイトの光で包まれていって、本当に心地よくて、本当に面白かったです。

 

(万能酵母液自体は、そんなエネルギー云々な話の類ではないんですが、私の見えてる世界ではそういった感じに見えていました。そう見えたので仕方ないのです!・笑)

 

このキラキラを家でも作る!!・・・と思ったけど、いちいち計量するのが面倒くさいなぁってちょっとネックとなっていて、でも、この日、一回分(最後には10Lになる)の万能酵母液のプレゼントがあり、途中まで、一緒に作って、その後は、家に持ち帰り、のこりの作業をすすめていくというものでした。

 

最初に投入された玄米は、10回は使えるとのことで、10回分の砂糖と塩がセットになったものが会場で売っていたのでそれを購入。

 

その後、次どうしようかなぁってころ、ネットのほうにも、お砂糖と、塩が調合されてセットになっているキットが売られ始めて(割高だからじぶんではかればいいのに・・・と周りの人には言われますが、私には、この方が全然よくって、もっぱら、調合済みのものを使っています。)つづけることができ、今に至ります。

 

使い始めて、二ヶ月も経った頃には、数年ほど、なにをしてもさほど減らなかった上の子のニキビが激減。

 

最初は、匂いが独特で、つけてくれるなーとにげまわっていた上の子ですが、今では、じぶんで、自らプシュプシュとしています。上の子は、ニキビが激減したので、じぶんにとっては効果のあるものとなったようです。

 

私はというと、お洗濯が想像以上に気持ち良いかな~と思います。

万能酵母液に一時間ほど付けて回すと、洗剤いらずで、匂いも汚れもすっかり落ちています。洋服自体もとても軽いエネルギーになって、心地よいです。

 

冬場になるにつれて、この万能酵母液さんは、なかなか発酵しなくなってきました。

寒くなると醗酵がゆるやかになって、なかなか完成しないので、作った分がなくなってしまって、次のもしあがっていなくて使えないという期間なんかもありました。

 

こたつを出す時期になり、こたつで発酵させることにしましたら、おかげさまで、順調に次々作れています。これで、冬場の発酵のお悩みも解決♡ペットボトルをジップロックにいれて、こたつに放り込んでいます。第一次醗酵はこれで万全♡

f:id:utyuufamily:20170223104054j:plain

 

入浴剤、洗濯洗剤、お料理、飲料用、化粧水、お掃除スプレー、目薬、といったかんじで、いろんなものの代用として使ってみています。

 

これだけの用途で使うとなると、10Lなんてあっという間なので、うちは、いつも20Lずつ作っています。

 

一応、我が家は上記いずれもとても快適に使っていますが、ご自身でされるときは、自己責任のうえお試しください^^

 

 

ご興味のある方は下記をご覧くださいね。

 

www.bannoukouboeki.com

見えない存在との関係は?いまのお互いの立ち位置、環境、状況にあるからこそできること、かんじられること。

ガーディアンのセブさんが以前からよく言っていたこと。

 

”お前の世界とはちがうところに存在して、お前のそばにいてコミュニケーションをとるという立場を経験できるなんてすごい贅沢だよな。”

 

”人だと一緒にいれないような時間でも、ずっとそばにいることができるんだぜ(←変態発言www)”

 

肉體がない見えない存在である彼らからしても、私たちとのやりとりは、とても貴重な時間だし、とても楽しいし、愛しい時間なのだそう。

 

見えない存在として、肉體のある私たちとやりとりをするというそういったパターンもひとつの転生の形なので、そういったお互いの状況の中で、お互いが、それとわかりコミュニケーションが取れることが、彼(私のガーディアンさんのセブさんは一人称だといまは男性扱い。女性のすがたのときもあるけどね)本当に幸せなことなんだそう。

 

もちろん、そういった存在たちが、みんながみんな一律に肉体を持った人たちと互いにやり取りをしたいわけでもないのだけど、そうしたい者どうしがそうできたときのキラキラした瞬間は、肉體をもった世界でいろんな体験をするのと同等に、キラキラした記憶になるらしい。

 

過去世の記憶、他転生の記憶の中には、今の私と同じように、もしくは、少しパターンが違う状態であっても、見えない世界の存在とやりとりをしているものがあるのだけど、いずれにしても、いまの私として、そういった存在である彼らとやりとりをするのは、やっぱり、いましかできないことで、とても大切な時間なのだろうなと感じています。

 

私にしても、肉體のある人間も、肉体のない存在も、どちらがどうとかはなく、ただ、同等の存在で、仲間であって、家族のようであって、大切な存在。

 

だから、それを、同じように楽しんでくれる存在たちと、いま、現在も、やり取りができてることがとても嬉しいなと思います。

見たもの、感じたものは、消えはしない。忘れはしない。

私のガーディアンさんが、私に教えてくれたことなんだけど、私の生きる上での一番のベースとなっているもの。

 

生きていく上で、どんな方針であったり、何をベースにしてもいいと思うけど、この言葉はけっこう、気に入っていたりします。

 

”経験と、その経験から得られる感情がとても大切である。

そして、魂的には、良いも悪いもない。

だから、どんな経験もやれるだけやり、感じられるだけ感じるんだ。”

 

”見たもの、感じたものは、消えはしない。忘れはしない。なによりもかけがえのないもの。たとえ、肉體が滅びても、ほかの転生に行ったとしても、宇宙の大元に戻ろうともだ”

 

”この肉體世界においては、大変だと思うようなことも、長く感じることも、存在としてはほんの一瞬のこと。だけど、その一瞬のあいだでも、何かを感じることはできる。その感じたこと、魂のきらめきを大切にできたらいいな。”

 

(ここでいうキラメキは、かならずしも、肉體世界の一般的な良いと言われる感情ばかりではなかったりします。)

 

 

 

 

いたるところに

 

honomanma.hatenadiary.jp

 

先日、律儀に玄関から来る人がいる話を書きましたが、

 

私の小さい頃、小、中学校のころは、トイレにはハナコさんがいるとか、音楽室の絵が夜になると動くとか、お盆になると霊がたくさんやってくるとか、いろいろと怪談とか、言い伝え的なことがいろいろとありました。

 

 別に、

トイレに行かなくてもね~~。

音楽室でなくてもね~。

夜でなくてもね~~。

お盆でなくてもね~。

 

そこにおるやん。

そんな感じです。

 

もちろん、お盆でないと帰って来れないとか思ってる存在たちもいるので(その存在自身の思い込み)そういった方々もいるはいます。

 

こういった存在の見え方ですが、見え方はいろいろで、完全に色が付いてる人、体のパーツの一部だけが見えてる人、透けてる人、白黒の人、サイズ感がおかしい人。

 

人型ばかりでもないのですが、ほかの存在もそんな感じでいろいろです。

 

色以外の話では、じぶんにとってどのように見えるかと言ったら、普通の人を見るような形で、視覚的にはいってくる感じから、脳内で感知するかたちではいってくる存在など、そう言う意味でも、見え方はいろいろです。

 

小さい頃は、見たくないものを、見ないようにする設定を宇宙に頼めば、いろいろな多くの存在を不特定多数見なくて済むということも知らなかったので、見えるままにいましたのでそこらへんにモッサモッサといろんなのがたくさんいるのが普通でした。存在の色とサイズ感が、自分たちとまるで同じな時には、パッと見、本物か、偽物かの区別もつかんくらい(笑)

 

今は、とりあえず、見る見ないを選んでいいことを知っているので、少しなら、見えてもいいけど、そうじゃないなら、基本OFFでお願いしますと宇宙におねがいしてあります。

 

よく、普通にしていても、「いまもみえてるんですか?」と、聞かれますが、そういったわけで、通常は基本よそのひとの関係は見てません(笑)見るときだけ、伝わるような設定にしています。

 

とはいうものの、じぶんのガーディアンさんとか、家族の関係のガーディアンさんとかは、家族みたいなものなので、相手の存在次第で、見えたり見えなかったりで大丈夫にしてあったりしてます。

 

小さい頃は、電信柱の上にたってる人、押入れの中にポカーンといる人、ロッカーの中にいる人、電信柱の影から様子を伺ってる人、そこらへんに転がってる人、ただ教室で浮かんでボーっとしている人、こたつの上、まぁ、いたるところ、所構わず、普通にいました。人がいるような感じでいまいした。

 

いまは、基本みえないようにしていることと、それと、肉体のある世界自体も普通に日中、外を歩いていても、昔ほど、誰かにばったり出会うことが少なくなっているので、そう言った意味でも見えてる世界は断然静かだったりします。

 

そういえば、大人になってから(10年くらい前かな?)カメラを持った人(霊体)たちが、いろんなところで、各々写真をとってるというのをよくみかけていました。建物の写真とっていたり、風景とっていたり。流行ってるかのように。あのブームみたいなのは一体なんだったんだろうね。

 

 

 

 

壁からの方もいるし、玄関からの方もいるし。

下の子は、以外に小さい頃からそこそこ見えていました。

 

2、3才の頃のころのこと、

 

「お母さん、玄関から相葉ちゃんきた」とニコニコ

 

(笑)

 

いやいや、違いますな。

 

わりと、かっこいい風のお兄ちゃん(もちろん霊体)が、玄関から入ってきただけですな。

 

当時、嵐が大好きだった私。

 

いつもいつも嵐のDVDみたり、ドラマみたり、ライブに行ったりと、毎日が嵐付けでした。そのため下の子の中で、若いかっこよいお兄ちゃん=相葉ちゃんだったみたいです。子供らも一緒に行ってました。

 

この頃の小さい子って、まだまだ、覚えてる言葉の数が少なくて、これはこういう名前だなって認識して取りこんでる最中だけど、見事に若いお兄ちゃんは嵐の誰かでした(笑)というか、下の子、顔の細かいパーツ覚えないのね。ざっくりなんだな(笑)それも面白かったです。

 

霊体もいろいろなのですが、壁を通り抜けてくる方々から、ご丁寧に玄関、ドア、から入ってこられる方までいろいろです(笑)

 

ちなみに、この玄関から入ってきた男の子は、玄関通って、リビングのドアとおってやってきました。礼儀正しいね。

 

旦那さんと見えない世界

旦那さんのことを書こうとおもったのだけど、書きだすと、結局ツインソウルの話を一からかくことになりそうで、長くなるのでリンクを貼ることにしました(笑)

 

彼は、小さい時から私のそばにいたガーディアンさんの今世の姿でもあったりします。

友人の息子が、友人の元ガーディアンさんだったりとかあったけど、私のところにもきた(笑)

 

もうひとつのブログはこちらから。

utyuufamily.hatenablog.com